蜂の子はメニエール病に効く

立っていられないほどのめまい、耳鳴りや難聴を伴うメニエール病にも蜂の子が改善に役立ちます。ストレスや疲労を軽減して回復をサポートします。今回は、蜂の子のメニエール病改善作用についてご説明します。

メニエール病とは

メニエール病は内耳内のリンパ液の産生と吸収のアンバランスによるリンパ水腫です。その症状として回転性のめまい、耳鳴り、難聴などが起こります。ストレスや疲労、睡眠不足などが原因と言われます。回転性のめまいは立つことも歩くこともできず、頭を動かすとひどくなりますので、強い吐き気や嘔吐を伴います。めまいを繰り返すことにより耳鳴りや難聴が生じ、さらに進行すると、耳鳴り、難聴、平衡機能の低下が常態化しますので、早期受診が重要です。

ストレスを軽減してメニエール病改善

蜂の子にはストレスを感じた時に唾液中に分泌される副腎皮質ホルモンコルチゾールの分泌を抑える働きがあります。ストレスが軽減されますので、疲労も少なくなり睡眠も改善されメニエール病の改善にもつながります。疲労の軽減と睡眠の改善により自律神経の働きも良くなりますので、内耳内のリンパ液の産生と吸収のバランスも良くなり、めまいや耳鳴り、難聴も徐々に緩和されるようになります。

精神安定で自律神経を整える

蜂の子に含まれる必須アミノ酸トリプトファンは、脳内に運ばれるとセロトニン生成の材料となります。セロトニンが増加すると、不眠の解消やうつ状態の改善、精神安定に効果があります。精神的に落ち着くとストレスの解消を促進し、自律神経も良好な状態に調整され、メニエール病の改善に役立ちます。

適度な運動が予防や症状の緩和に有効

多少症状が落ち着いたところで、適度な運動を取り入れると回復も早くなります。身体を動かすことにより、身体の中から体調を整え、自律神経の働きの正常化にも有効です。ストレスや疲労の軽減、ストレスや疲労を感じにくい強い身体づくりに役立ちます。

蜂の子に含まれる成分がメニエール病の改善に役立ちます。しかし、日頃から適度な運動を取り入れ、ストレスや疲労に強い身体づくりをすることもメニエール病の予防には大切です。

(参考文献)
蜂の子とメニエール病
https://malitourisme.com/meniere.html